小顔マッサージの時にあると便利なクリーム

体を温めてから行うと効果アップー
小顔マッサージマッサージは、入浴時に行うのがお勧めです。ゆつくりとお湯につかって体を温めてから行うと、発汗作用やデトックス作用がいっそう高まるからです。特に肌の弱い人は、できるだけ浴そうにつかつて皮膚温を上げてから行うようにしましょう。浴そうに入れないときは、そけい部やひじ・ひざの内側、腕のつけ根前面などのリンパ節のある部位に、シャワーを長めに当てるか、蒸しタオルで温めてから行うようにするとよいでしょう。顔のマッサージをするときも、温めてから行うと、肌への刺激が弱まり、クレンジング効果が高まります。体を洗ったあとでマッサージしてもよいのですが、小顔マッサージで体を洗ってしまうのもよい方法です。適量を手に取り、お湯を含ませてクリーム状にしてから体の各部になじませ、軽くマッサージするように洗っていきます。小顔マッサージにはクレンジング効果もあるため、これだけでじゆうぶん。石けんやボデイソープなどと併用することもできますが、シンプルに小顔マッサージだけでも、皮膚の汚れはじゆうぶんに落とすことができます。

 

 

 

塩とスキムミルクはどちらもすぐれた美肌素材
「小顔マッサージ」の材料である塩とスキムミルクは、どちらもすぐれた美肌素材です。細かい粒子である塩は、特に角質(皮膚の最も外側の部分)を取るスクラブ効果に優れています。塩の粒のほどよい摩擦によって、毛穴の奥の汚れや古い角質が取り除かれるのです。小顔マッサージマッサージで、くすみやザラつきが取れたり、手触りがツルツルとなめらかになったり、また肌がワントーン明るく、白くなったように感じられたりするのも、塩のビーリング効果によるものです。一方、スキムミルクのメリットは、保湿作用が高いこと。アミノ酸や乳酸菌、尿素、ビロリトンカルボン酸などの、肌の天然保湿因子に類似する成分が含まれ、角質層に一定の水分量をキープしてくれるのです。また、肌のpHを整える効果も期待できます。健康な肌は硼5?6の弱酸性ですが、強いストレスや間違ったスキンケアによって酬が酸性に傾くと、吹き出物やシミ、肌荒れなどのトラブルの原因となります。アルカリ性のミルクには、酬を整える働きがあるため、スキムミルクも同じように、酸性に傾いたpHを調整して弱酸性に戻すと考えられます。


このページの先頭へ戻る