代調を上げてやせやすい体を作る

 

原液を使用した化粧水がダイエツトやシェイプアップに効果をもたらしたという声も多いようですが、それも塩とミルクの働きを考えれば納得です。塩は血液循環をよくする作用があり、 マッサージ剤として用いれば、体が温まって発汗が促進されます。その結果、余分な水分や老廃物が排せつされますから、特にむくみやすい脚や顔は、たちまちスッキリ感が得られるのではないでしょうか。また、原液を使用した化粧水マッサージで全身の血行がよくなれば、新陳代謝が高まって、脂肪が燃えやすく、つきにくい体になります。気になる部分をていねいにマッサージして代謝(物質の処理)を促進すれば、部分やせにも効果的です。特に、 一度つくと取れにくいセルライトの解消にも期待が持てるでしょう。セルライトは、血液やリンパの流れを促すマッサージで、代謝をよくして脂肪を押し流すのが唯一の解消法とされるからです。原液を使用した化粧水を利用したリンパマッサージなら、塩の血行促進作用とあいまって、セルライト解消の効果もさらに高まるのではないでしょうか。

 

 

自分で材料を確認できる手作リコスメの利点

原液を使用した化粧水をはじめとした手作リコスメのメリットは、材料をすべて把握できること。自分が納得する材料を自分で選び、確認しながら作ることができます。添加物などが加えられていない点も、安心ですね。また、その日の肌の状態に合わせて、自由にアレンジできるのも市販品にはない利点です。肌がどんな状態でも、市販の化粧品の場合は、同じものを使い続けることになりますが、自分で手作りできる原液を使用した化粧水なら、肌が過敏になっているときは、塩とスキムミルクの割合を1対3ぐらいにしたり、ザラつきが気になるときは、スクラブ効果の高い塩をふやしたりと、材料を足したり引いたり調整しながら、作り替えることができます。たとえ原液を使用した化粧水でアレルギーや肌荒れが起きても、何が原因かをすぐに特定できます。原液を使用した化粧水を作り置きするときは、塩の分量は少なめにしておくとよいと思います。日々のケアにはこれを基本として利用し、角質がザラつくときや、かかとやひじをケアするときなどに塩を追加するとよいでしょう。こうして手作リコスメを利用することで、肌が今どんな状態か、何を必要としているか、自分の肌と常に向き合えるようになります。それも、美肌作りには大切な要素ではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る