メラニンを抑制して肌のトーンを明るくする方法

なんとなく顔色が冴えない。顔が黒ずんでいる。透明感がない……。メラニン抑制美容液マッサージは、こうした肌のくすみを改善し、色白肌に近づけることができます。肌がくすむ主な原因は、皮膚の乾燥です。皮膚表面の角質層の水分保持力が低下すると、カサついてキメが乱れるようになります。すると、肌表面がデコボコしてふぞろいになり、光が乱反射してくすんで見えるようになるのです。血行不良も肌がくすむ一因です。疲労やストレス、睡眠不足などによつて顔の血液循環が悪くなると、表皮の下で血管がうっ血して顔色が悪くなります。また、血行不良によって鮮やかな赤色をしたヘモグロビン(血色素)が減少するため、顔全体が黒ずんで見えるのです。血行が滞ると新陳代謝が悪くなり、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)も乱れがちになります。ターンオーバーが乱れると、本来なら28日ではがれ落ちていくはずの古い角質が、そのまま垢となって残り、どんどんたまって厚くなります(角質肥厚)。古い角質は、通常の細胞に比べて黒ずんでいるため、角質肥厚を起こすと肌色のトーンが暗くなります。また、厚くなった角質はツヤや透明感を失い、汚れた皮脂や汗などの老廃物もため込みやすいため、肌
がくすんで見えるのです。

 

この2つの素材を材料とするメラニン抑制美容液は、お互いの長所を高め合い、欠点を補ってくれる、バランスのとれた組み合わせだと思います。特に塩は、それだけでは刺激が強く、必要な角質層まで削り取ってしまう可能性もあります。保湿力も足りないため、塩だけでは、人によっては使用後に乾燥することもあると思います。こうした欠点を補うのが、保湿力が高く、肌あたりもマイルドなスキムミルクです。塩とスキムミルクの組み合わせは、刺激を最小限におさえて保湿しながら、肌の奥に入り込んだ汚れや老廃物を落とすことができるのです。


このページの先頭へ戻る